Tokyogasgroup csr report

Contribution to Local Communities 地域社会への貢献

本業を通じた社会貢献活動

社会貢献活動に対する考え方

東京ガスグループでは、以下のガイドラインに基づき、地域の皆さまとともに、持続可能な社会づくりをめざした活動を実施しています。
 
1.基本方針
私たち東京ガスグループは、多様な人々が、快適で心豊かに暮らせる持続可能な社会の実現をめざします。そのために、地域社会とともに社会課題の解決に取り組み、信頼され選ばれ続ける企業として、東京ガスグループだからこそできる活動を展開します。
2.3つの重点分野
(1)安心・安全な暮らし・まちづくり
(2)環境によい暮らし・社会づくり
(3)豊かな生活文化づくり
安心・安全な暮らし・街づくり/環境によい暮らし社会づくり/豊かな生活文化づくり

<関連リンク>
▶ 東京ガスグループ社会貢献の取り組み
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

安心・安全な暮らし・まちづくり

安心して安全に暮らせる街づくりをめざして、地域と連携した取り組みを進めています。


防災イベントで地震防災対策をPR
各地域の支社・支店や企業館では、災害時に地域社会・行政とスムーズに連携できるよう、防災イベントを通じて防災対策に関する情報共有および情報提供を行っています。
例えば、行政が主催する地域の防災訓練では、震度5程度以上の地震でガス供給が遮断された場合のガスメーターの復帰方法の説明など、安心・安全な暮らしのための情報を提供しています。
また、2006年からは、地域社会の防災力の向上をめざした取り組みとして、NPO法人プラス・アーツと協働で、親子向けの防災イベント「イザ!カエルキャラバン!」を企業館「がすてなーにガスの科学館」にて実施しています。2016年度は、7,218名のお客さまにご参加いただき、地震のときに役立つ知恵や技を学んでいただきました。
 

防災イベントへの参加

防災イベントへの参加


<関連リンク>
▶ 「イザ!カエルキャラバン!」について



未来に向けた元気なまちづくり
2017年4月、藤沢市・東京ガス神奈川西支店・東京ガスライフバル湘南は『GAS協定(地域活性化に資する包括的連携協力協定)』を締結しました。
本協定は、「食(Gourmet)」「文化芸術(Art)」「スポーツ(Sports)」の3つのテーマを中心に、環境・防災・まちづくりまで幅広く含む地域活性化活動を3者が連携して推進し、「郷土愛あふれる藤沢の実現」をめざすものです。
神奈川西支店では、ライフバル湘南との連携のもと、これまでも環境や防災活動をはじめ障がい者スポーツ支援、キッチンランド湘南を活用した料理教室、ガス展での浮世絵擦り体験会など、藤沢市と協力して地域貢献活動を行ってきました。
今後は、さらに幅広い分野での連携と協働に取り組み、未来に向けた元気なまちづくりをともに進めていきます。
 
(左より)東京ガス神奈川西支店 支店長 野尾氏、藤沢市 市長 鈴木様、東京ガスライフバル湘南(東京ガスエネワーク株式会社)社長 小菅様
(左より)東京ガス神奈川西支店 支店長 野尾氏、藤沢市 市長 鈴木様、東京ガスライフバル湘南(東京ガスエネワーク株式会社)社長 小菅様
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

環境によい暮らし・社会づくり

エネルギー事業者として、地球環境問題の解決のために、エネルギーや環境に対する意識を高める活動や日々の暮らしでできる省エネ方法などさまざまな提案を実施しています。


エコな暮らしの提案
暮らしのなかで無理なく省エネ行動に取り組めるコツやその効果をまとめた「ウルトラ省エネブック」を制作し、東京ガスのウェブサイトや各種イベントで発信しています。
また、環境に優しい食生活を提案する「エコ・クッキング(注1)」などのエコな暮らしの提案を行っています。
(注1)「エコ・クッキング」は東京ガス株式会社の登録商標です。
 

ウルトラ省エネブック
ウルトラ省エネブック


<関連リンク>
▶ ウルトラ省エネブック
▶ エコ・クッキングblank



学校教育支援活動を通した次世代貢献
未来を担う子どもたちにエネルギーと環境の大切さを伝え、学校教育がめざす「生きる力」を育むための支援を行っています。先生方を対象とした「研修会」では、都市ガスをはじめとするエネルギー全般と環境問題とのかかわりについて、先生ご自身の学習プランに活用できる情報を施設見学やグループワークを通じて提供しています。2016年度は、52回開催し、895名の先生方に参加いただきました。また、2002年から行っている、社員による出張授業は、2017年3月末時点で実施クラス数35,835クラス、受講児童生徒数累計1,079,400名となりました。さらに、エネルギーや環境について大人も子どもも楽しく学べる学習サイト「おどろき!なるほど!ガスワールド」をはじめとした各種教材を用意し、子どもたちの主体的な学びにご活用いただいています。
「がすてなーに ガスの科学館」は、エネルギーや環境について楽しく学ぶことができる施設です。社会科見学の受け入れやワークショップの実施など教育支援に取り組んでおり、校外学習の場としても活用されています。2016年度の来館者数は272,031名です。
 

小学校での出張授業の様子

小学4年生のエネルギー環境授業の様子


<関連リンク>
▶ 調べ学習用サイト「おどろき!なるほど!ガスワールド」
▶ 「がすてなーに ガスの科学館」


次世代を対象とした環境教育活動「どんぐりプロジェクト」
1993年、減少しつつある広葉樹の森を育てるという目的から、「どんぐりプロジェクト(注2)」の前身である「どんぐり植樹祭」がスタートしました。2005年には、長野県北佐久郡御代田町に開設した「長野・東京ガスの森」に活動拠点を移し、年に3~4回、次世代を対象とした体験型の環境教育活動「どんぐりプロジェクト」を開催してきました。森林保全活動や五感を使ったさまざまな自然体験プログラムを通して、森のはたらきや、私たちの暮らしとのつながりを考え、日々の環境行動につなげることをねらいとしています。今年度は人の暮らしのすぐそばにある里山のはたらきを学ぶ活動として、埼玉県の狭山丘陵で開催し、約40名の参加のもと、下草刈りなどの「手入れ」やネイチャークラフトなどを体験していただきました。
(注2)「どんぐりプロジェクト」は東京ガス株式会社の登録商標です。

 
森の手入れのひとつ、「下草刈り」を体験森の手入れのひとつ、「下草刈り」を体験
身近な自然に触れ、里山のはたらきについて学んだ1日身近な自然に触れ、里山のはたらきについて学んだ1日

<関連リンク>
▶ 「どんぐりプロジェクト」ファンサイト



東京ガスのキニナルプロジェクト
地域のお客さまにより身近に感じていただける環境貢献活動をめざし、グループ従業員による環境活動参加と、当社の環境商品の販売実績に応じた自治体への寄付との両面で地域の緑を豊かにする公共的な活動を支援する「東京ガスのキニナルプロジェクト」を2013年度から実施してきました。
2016年度は、11月20日に東京都日野市「東豊田緑地保全地域」にてグループ従業員46名(東京ガスのスタッフ含む)がNPO法人花咲き村、ボランティア団体東豊田緑湧会と協力して、下草刈りや間伐を通じた樹木の生長を促す活動をしました。
なお、本プロジェクトは2017年度から新たな環境・社会貢献活動(2017年5月末発表予定)に引き継がれ、寄付も新活動の中で自治体以外のNPO法人や事業者など、より広い対象を視野に入れて継続される予定です。
 

活動に参加したグループ所属員、NPOメンバー活動に参加したグループ所属員、NPOメンバー
住宅地に残された貴重な里山で保全活動を実施住宅地に残された貴重な里山で保全活動を実施


「キニナルプロジェクト」とは


「キニナルプロジェクト」とは

<関連リンク>
▶ 東京ガスのキニナルプロジェクト


東京ガス環境おうえん基金
本基金は、2007年度に当社がお客さま1,000万件を達成した記念事業としてスタートしました。当社が公益財団法人日本環境協会に原資を寄付し、同協会から地域と地球の環境保全および持続可能な社会実現に取り組む、非営利の民間団体に助成金を交付する仕組みです。
当初から10年間の計画で実施されてきましたが、地球温暖化対策へのさらなる貢献のため、2016年度からCO2の吸収源となる森林や藻場の保護・育成に資する活動を支援する「森活おうえん助成」プログラムを新たに設置しました。最終年度となる2017年度は、43件の応募から環境配慮型ライフスタイルの普及や環境教育支援等を行う13団体(助成金額700万円)、「森活おうえん助成」4団体(助成金額300万円)の計17団体の活動を総額1,000万円で助成します。

三番瀬でアマモ復活にチャレンジ(東京都)三番瀬でアマモ復活にチャレンジ(東京都)
砂の違法採取で荒れた山野に苗木を植え、育成(千葉県)砂の違法採取で荒れた山野に苗木を植え、育成(千葉県)

<関連リンク>
▶ 東京ガス環境おうえん基金


多様な団体とのパートナーシップを組んだ取り組み
当社は、環境問題に取り組む行政、他企業や外部団体と連携した活動を積極的に展開し、社会全体の環境意識の向上に取り組んでいます。

 

大手町・丸の内・有楽町エリアの企業が連携して活動(注3)する「エコキッズ探検隊」は、地球温暖化、資源循環等の環境問題を、遊びながら、楽しく学ぶ体験プログラムで、当社は2014年度より参加しています。2016年度は「エネルギー調査隊〜指令、ガスを調べよ〜」と題したワークショップを行い、参加した親子は実験や工作を通じてエネルギーや環境、防災について学びました。

(注3)大手町・丸の内・有楽町エリアの企業の協力関係により設立された一般社団法人「エコッツェリア協会」が主催
 

身近な省エネ方法について真剣に学ぶ子どもたち

エネルギーや環境について学ぶ子どもたち

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

豊かな生活文化づくり

少子高齢化などの社会の課題を踏まえ、エネルギーを上手に使い、豊かな生活を続けていくために、地域参加型の活動を実施しています。


「ガスの炎でつくる料理」の魅力を伝える『料理教室』
毎日の調理に必要なエネルギーを供給してきた企業として、ガスの炎の良さを暮らしのなかで活かしていく取り組みを積極的に実施しています。
大正2年より100年以上続く『料理教室』では、「環境に配慮した食の自立」と「五感の育成」をめざす子どもの料理教室「キッズ イン ザ キッチン(注1)」、ガスならではのスピード同時料理を提唱する「ラ・クチーナ・エスプレッサ(注1)」など、対象やニーズに合わせた多様な教室を開催しています。また、すべての『料理教室』で環境に配慮した食生活を推奨する「エコ・クッキング(注1)」の考え方を取り入れており、年間約8万名のお客さまにご参加いただいています。また「エコ・クッキング」は指導者養成にも取り組んでおり、2016年度は281名を養成しました。今後もお客さまの暮らしや食生活の充実に役立つ取り組みをすすめていきます。
(注1)「キッズ イン ザ キッチン」「ラ・クチーナ・エスプレッサ」「エコ・クッキング」は東京ガス株式会社の登録商標です。
 
最新のガスコンロが体験できる料理教室の様子
最新のガスコンロが体験できる料理教室の様子


「火の力」「火の恵み」を伝える『火育』
2012年より、次世代教育の一環として、小学生以上の子どもたちを対象に、体験学習プログラム「火育」の普及に取り組んでいます。火について学び、正しく扱い、火がもたらすさまざまな恵みを楽しむ体験を通して、「災害時に生き抜く力」や「生活を豊かにする力」を育んでもらいたいと考えています。2016年度は、4,483名の方にご参加いただきました。
 
マッチすり体験の様子
マッチすり体験の様子

<関連リンク>
▶ 「料理教室」サイト
▶ 「火育」サイト
 

障がい者スポーツ支援を通した共生社会の実現に向けて

東京2020大会オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)として
東京ガスは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)のオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。1885年の会社創立以来、首都圏でのエネルギー供給を担う地元企業として、大会のスムーズな運営に協力し、東京都や大会組織委員会等と連携しながら、強靭かつ先進的で付加価値の高いエネルギー提案および供給を行うことで、魅力ある東京の実現をめざします。また、公益企業として、エネルギーインフラ等に関するさまざまなセキュリティ対策を強化することにより、大会の安全で円滑な運営に貢献していきます。さらに、障がい者スポーツ支援の拡充を通じて、オリンピックだけでなく史上初の同一都市での2回目の開催となるパラリンピックの成功にも貢献していきます。
東京2020大会オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)

パッチョは、東京ガスのキャラクターです
パッチョは、東京ガスのキャラクターです

 

障がい者スポーツ支援の取り組み

東京ガスグループは、障がいのある方の社会参加や、共生社会の実現(注2)に寄与するため、2013 年から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(以下、JPSA)のオフィシャルパートナーとしてサポート活動に取り組んできました。2016 年度からは、各職場のけん引役となって活動をサポートする障がい者スポーツ支援推進リーダー制度を導入。従業員や家族向けに、体験会、観戦イベント、選手との交流会などを開催し、障がい者スポーツ支援活動に参画する組織風土づくりを行っています。あわせて、当社施設で障がい者スポーツ関連展示を行ったり、当社のWeb 会員サービスを活用してJPSAへの寄付を促進したりなど、当社のお客さまへも支援活動を広める取り組みを行っています。今後は、東京ガス用地開発が施設運営に携わる新豊洲Brilliaランニングスタジアムで、障がい者スポーツ体験型校外学習(東京2020 公認プログラム)を小学生向けに実施するなど、地域行政とも連携した次世代教育への取り組みや、他企業と連携した支援活動について検討していきます。
(注2)内閣府の提唱する政策で、「国民一人一人が豊かな人間性を育み生きる力を身に付けていくとともに、国民皆で子供や若者を育成・支援し、年齢や障害の有無等にかかわりなく安全に安心して暮らせる」社会を指す


<関連リンク>
▶ 内閣府「共生社会政策」blank
 

障がい者スポーツ体験型校外学習



パラスポフェスタ2016
2016年11月、東京都や新宿区、新宿区教育委員会、JPSAの後援により、「パラスポフェスタ2016 in 新宿パークタワー」を東京2020組織委員会の公認イベントとして開催。当社グループ社員も参加した車いすバスケットボールの対抗戦や、ボッチャなどの障がい者スポーツ体験、パラリンピアンによるトークショーを行いました。また、チラシやパネルの一部点字化、展示物を低くするなどの車いすの方への配慮、トークショーでの手話通訳等、イベントでのユニバーサルな取り組みも実施し、地域の小学生や行政関係者、新宿パークタワーに勤務する方など、来場者は1,100名を超えました。

パラスポフェスタ2016


東京ガスグループは、障がいのある人もない人も、1 人ひとりがお互いを認め合う共生社会の実現に向けて、今後も障がい者スポーツ支援のさまざまな取り組みを行っていきます。
 
所属選手へのインタビュー
パラ水泳 木村敬一選手
パラ水泳
木村 敬一選手
私は「パラリンピックで優勝する」という夢に向かって、東京ガス所属選手として練習に専念してきました。
パラリンピックの注目度は、ロンドン2012大会に比べ、リオ2016大会では一層増していると感じました。社内でも盛り上げへの取り組みが行われ、私も自分にできることを考えるようになりました。現在は、東京2020大会に向け、日々の練習に支障のない範囲で、講演やイベントへの参加などを行っています。東京でのパラリンピック開催はまたとない機会ですから、是非皆さんにも足を運んでいただきたいです。
これからも、障がい者スポーツの魅力を社会に発信し、障がいのある人もない人も、障がい者スポーツを通してつながるきっかけづくりを続けていきます。
東京ガスはJPCオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。

 
木村敬一選手(リオ2016パラリンピック日本代表(競泳)) 撮影:清水一二
プロフィール
 
出身地:滋賀県 生年月:1990年9月生まれ
2歳の時に病気のため視力を失う。小学4年生から水泳を始め、単身上京した筑波大学附属盲学校(現・筑波大学付属視覚特別支援学校)で水泳部に所属し着実に実力を上げ頭角を現す。

主な成績(視覚障がいS11・SB11・SMクラス)
2008年 北京2008パラリンピック出場
2012年 ロンドン2012パラリンピック 100m平泳ぎ 銀メダル、100mバタフライ 銅メダル
ドイツオープン 200mバタフライ 世界記録樹立
(注)ロンドン2012パラリンピック開会式では、日本代表選手団の旗手を務める
2015年 IPC世界選手権水泳競技大会 100m平泳ぎ 金メダル、100mバタフライ 金メダル、50m自由形 銀メダル、200m個人メドレー 銅メダル
2016年 リオデジャネイロ2016パラリンピック 50m自由形 銀メダル、100m平泳ぎ 銅メダル、100mバタフライ銀メダル、100m自由形 銅メダル、200m個人メドレー 4位入賞
 
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

従業員のボランティア活動支援

当社グループは、従業員にボランティア活動の機会を提供し、地域社会とともに、社会課題の解決に取り組んでいます。

復興支援活動「震災ボランティア」
2011年6月から開始した震災ボランティア活動では、これまでに全40回 1,540名のグループ従業員とその家族が参加し、東日本大震災の被災地ニーズに即した支援を行っています。
2016年度は、宮城県東松島市にて「農業の復興支援」、福島県いわき市にて「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト(以下、コットンプロジェクト)への支援活動」を行いました。
このコットンプロジェクトは、震災後に急増した「遊休農地・耕作放棄地」を再生し、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されたコットンを製品化・販売する地域活性化の取り組みです。
2017年4月には東京ガスの新入社員280名も研修として福島県いわき市を訪れ、このコットンプロジェクトにて農地整備を行いました。
 
農地整備の様子
農地整備の様子

障がい者スポーツ運営ボランティア
障がい者スポーツ支援の一環として、2015年から各種競技大会の運営ボランティア(会場の設営・撤去作業、会場受付や通訳等)を実施しています。
 
協賛企業ボランティアが会場の撤去作業をしている様子
協賛企業ボランティアが会場の撤去作業をしている様子
 

震災を乗り越える新たなまちづくり 

震災後に急増した「遊休農地・耕作放棄地」を再生し、塩害にも強い綿を育て、収穫したコットンを製品化し、販売する「オーガニックコットンプロジェクト」に取り組んでいます。まだまだ復興は先が見えない状況ですが、東京ガスグループの皆さんのように多くの方たちにボランティアに来ていただくことは、地域に活気を生み、農家の方たちの励みになります。

特定非営利活動法人ザ・ピープル 理事長 吉田恵美子様
特定非営利活動法人ザ・ピープル 理事長 吉田恵美子さま
 

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ