Tokyogasgroup csr report

社会貢献活動に対する考え方

東京ガスグループでは、以下のガイドラインに基づき、地域の皆さまとともに、持続可能な社会づくりを目指した活動を実施しています。
 
社会貢献活動ガイドライン
1.基本方針
私たち東京ガスグループは、多様な人々が、快適で心豊かに暮らせる持続可能な社会の実現を目指します。そのために、地域社会とともに社会課題の解決に取り組み、信頼され選ばれ続ける企業として、東京ガスグループだからこそできる活動を展開します。

2.3つの重点分野
(1)安心・安全な暮らし・まちづくり
(2)環境によい暮らし・社会づくり
(3)豊かな生活文化づくり
安心・安全な暮らし・街づくり/環境によい暮らし社会づくり/豊かな生活文化づくり
 
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

安心・安全な暮らし・まちづくり

安心して安全に暮らせるまちづくりを目指して、地域と連携した取り組みを進めています。

防災イベントで地震防災対策をPR

各地域の支社・支店や企業館では、災害時に地域社会・行政とスムーズに連携できるよう、防災イベントを通じて防災対策に関する情報共有および情報提供を行っています。
例えば、行政が主催する地域の防災訓練では、震度5程度以上の地震でガス供給が遮断された場合のガスメーターの復帰方法の説明など、安心・安全な暮らしのために役立つ内容を充実させています。
また、2006年からは、地域社会の防災力の向上を目指した取り組みとして、NPO法人プラス・アーツと協働で、親子向けの防災イベント「イザ!カエルキャラバン!」を企業館「がすてなーに ガスの科学館」にて実施しています。2017年度は、5,990名のお客さまにご参加いただき、地震のときに役立つ知恵や技を学んでいただきました。
 

防災イベントへの参加

防災イベントへの参加

 

災害時のトイレに関するプログラム『災害時のトイレをそなえよう!』の実施

2017年度より安心・安全な暮らし、いのちを守る活動の一つとして、ガスの復旧支援に伺った被災地での体験を活かし、災害時のトイレに関するプログラム『災害時のトイレをそなえよう!』の普及に取り組んでいます。「災害時に生き抜く力」を身に付け自助力、共助力を育んでもらいたいと考えています。
 

体験会の様子

体験会の様子

 
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

環境によい暮らし・社会づくり

エネルギー事業者として、地球環境問題の解決のために、エネルギーや環境に対する意識を高める活動や日々の暮らしでできる省エネ方法などさまざまな提案を実施しています。

エコ・クッキング

エコ・クッキングは、身近な食生活から始めるエコ活動です。
生産から片づけまでのすべてのプロセスで資源やエネルギーが使われています。エコ・クッキング(注1)では、私たちが直接関わることができる、「買い物」「調理」「食事」「片づけ」の場面で、環境に配慮した工夫をすることです。
(注1)エコ・クッキングは東京ガス(株)の登録商標です。
 

料理教室での講師デモンストレーションの様子
料理教室での講師デモンストレーションの様子

 

学校教育支援活動を通した次世代貢献

未来を担う子どもたちにエネルギーと環境の大切さを伝え、学校教育が目指す「生きる力」を育むための支援を行っています。先生方を対象とした「研修会」では、都市ガスをはじめとするエネルギー全般と環境問題とのかかわりについて、先生ご自身の学習プランに活用できる情報を施設見学やグループワークを通じて提供しています。2017年度は、49回開催し、610名の先生方に参加いただきました。また、2002年から行っている、東京ガス社員による出張授業は、2018年3月末現在で実施クラス数36,562クラス、受講児童生徒数累計1,102,087名となりました。また、これら出張授業のうち「都市ガスが家に届くまで」と「育むエコ食(エコ・クッキング)」の2プログラムが、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より東京2020教育プログラム「ようい、ドン!」として承認されており、子どもたちの将来に向けた成長をサポートしています。さらに、エネルギーや環境について大人も子どもも楽しく学べる学習サイト「おどろき!なるほど!ガスワールド」をはじめとした各種教材を用意し、子どもたちの主体的な学びにご活用いただいています。
「がすてなーに ガスの科学館」は、エネルギーや環境について楽しく学ぶことができる施設です。社会科見学の受け入れやワークショップの実施など教育支援に取り組んでおり、校外学習の場としても活用されています。2017年度の来館者数は266,448名です。
 

小学4年生のエネルギー環境授業の様子

小学4年生のエネルギー環境授業の様子

 

次世代を対象とした環境教育活動「どんぐりプロジェクト」

1993年、減少しつつある広葉樹の森を育てるという目的から、「どんぐりプロジェクト(注2)」の前身である「どんぐり植樹祭」がスタートしました。2005年には、長野県北佐久郡御代田町に開設した「長野・東京ガスの森」に活動拠点を移し、年に3~4回、次世代を対象とした体験型の環境教育活動「どんぐりプロジェクト」を開催してきました。森林保全活動や五感を使ったさまざまな自然体験プログラムを通して、森のはたらきや、私たちの暮らしとのつながりを考え、日々の環境行動につなげることをねらいとしています。2017年度も引き続き、人の暮らしのすぐそばにある里山のはたらきを学ぶ活動として、埼玉県の狭山丘陵で5月、11月の2回開催し、約56名の参加のもと、下草刈りなどの「手入れ」やネイチャークラフトなどを体験していただきました。
(注2)「どんぐりプロジェクト」は東京ガス(株)の登録商標です。

 

「下草刈り」を体験

「下草刈り」を体験

 

多様な団体とのパートナーシップを組んだ取り組み

当社は、環境問題に取り組む行政、他企業や外部団体と連携した活動を積極的に展開し、社会全体の環境意識の向上に取り組んでいます。
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

豊かな生活文化づくり

少子高齢化などの社会の課題を踏まえ、エネルギーを上手に使い、豊かな生活を続けていくために、地域参加型の活動を実施しています。

「ガスの炎でつくる料理」の魅力を伝える『料理教室』

毎日の調理に必要なエネルギーを供給してきた企業として、ガスの炎の良さを暮らしの中で活かしていく取り組みを積極的に実施しています。
大正2年より100年以上続く『料理教室』では、「環境に配慮した食の自立」と「五感の育成」を目指す子どもの料理教室「キッズ イン ザ キッチン(注1)」、ガスならではのスピード同時料理を提唱する「ラ・クチーナ・エスプレッサ(注1)」など、対象やニーズに合わせた多様な教室を開催しています。また、全ての『料理教室』で環境に配慮した食生活を推奨する「エコ・クッキング(注1)」の考え方を採り入れており、年間約8万名のお客さまにご参加いただいています。また「エコ・クッキング」は指導者養成にも取り組んでおり、全国に約3,700名の指導者がいます。今後もお客さまの暮らしや食生活の充実に役立つ取り組みをすすめていきます。
(注1)「キッズ イン ザ キッチン」「ラ・クチーナ・エスプレッサ」「エコ・クッキング」は東京ガス(株)の登録商標です。
 
便利機能が搭載されたガスコンロが体験できる料理教室の様子
便利機能が搭載されたガスコンロが体験できる料理教室の様子

「火の力」「火の恵み」を伝える『火育』

2012年より、次世代教育の一環として、小学生以上の子どもたちを対象に、体験学習プログラム『火育』の普及に取り組んでいます。火について学び、正しく扱い、火がもたらすさまざまな恵みを楽しむ体験を通して、「災害時に生き抜く力」や「生活を豊かにする力」を育んでもらいたいと考えています。2017年度は、3,750名の方にご参加いただきました。
 
マッチすり体験の様子
マッチすり体験の様子
   

障がい者スポーツ支援を通した共生社会の実現に向けて

障がい者スポーツ支援で目指す「共生社会」
東京ガスは、2013年から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(以下、JPSA)のオフィシャルパートナーとなり、障がい者スポーツの支援を始めました。東京ガスグループ従業員による競技大会の運営ボランティアや観戦、応援イベントなどを開催、また対外的には地域行政と連携し、障がい者スポーツ体験を実施しています。このような取り組みは、障がい者への理解を深め、多くの人の心のバリアフリー化のきっかけになると考えています。
 
競技用義足の体験
競技用義足の体験

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会へのパッチョポイント寄付
東京ガスは、2018年3月にJPSAに、お客さまからのパッチョポイント相当の寄付金を贈呈しました。これは、2017年度で2年目を迎える活動です。
パッチョポイントは、ガスおよび電気のお支払いに応じて、お客さまが獲得できるもので、パッチョポイントの交換先の一つに「JPSAへの寄付」を設定しています。この寄付ポイントの相当額と同額を東京ガスが上乗せして寄付を行っており、共生社会の実現を目指す東京ガスグループとお客さまが一緒になって行う社会貢献活動として取り組んでいます。
2017年度は173名のお客さまからの95,900ポイントが対象となり、贈呈式当日は広報部長からJPSAの山田常務理事に寄付金191,800円の目録を贈呈しました。
 
贈呈式の様子
贈呈式の様子
   
Voice所属選手へのインタビュー

パラ水泳 木村 敬一選手パラ水泳 木村 敬一選手

私は「パラリンピックで優勝する」という夢に向かって、東京ガス所属選手として練習に専念してきました。

2017年度では、3年前や1000日前といった節目のタイミングでのイベントが開催され、東京2020パラリンピックへの注目度も増してきていると感じました。
東京ガス主催のイベントが豊洲や新宿で行われ、そこで、私も多くの子どもたちにパラリンピックスポーツの魅力や面白さを伝えることができました。

2018年度は、いよいよ2年前の節目を迎えます。
東京で開催される大会は、多くのパラアスリートが自分の可能性にチャレンジする姿を生で見ていただけるまたとない機会です。

ぜひ、皆さんにも会場に足を運んでいただきたいと思います。
ただ、実際の大会の前に、多くの競技をご覧いただき、ルールや選手個々のストーリーなど知っていただくと、観戦の魅力が一層増すことは間違いありません。
2018年に開催されるさまざまな障がい者スポーツ大会を訪れ、気付きのきっかけになればと思いますし、私はアスリートとして皆さんに応援していただけるだけのパフォーマンスをお見せできるよう努力していきます。

東京ガスはJPCオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。
プロフィール
 
出身地:滋賀県 生年月:1990年9月生まれ
2歳の時に病気のため視力を失う。小学4年生から水泳を始め、単身上京した筑波大学附属盲学校(現・筑波大学付属視覚特別支援学校)で水泳部に所属し着実に実力を上げ頭角を現す。

主な成績(視覚障がいS11・SB11・SMクラス)
2008年 北京2008パラリンピック出場
2012年 ロンドン2012パラリンピック 100m平泳ぎ 銀メダル、100mバタフライ 銅メダル
ドイツオープン 200mバタフライ 世界記録樹立
(注)ロンドン2012パラリンピック開会式では、日本代表選手団の旗手を務める
2015年 IPC世界選手権水泳競技大会 100m平泳ぎ 金メダル、100mバタフライ 金メダル、50m自由形 銀メダル、200m個人メドレー 銅メダル
2016年 リオデジャネイロ2016パラリンピック 50m自由形 銀メダル、100m平泳ぎ 銅メダル、100mバタフライ銀メダル、100m自由形 銅メダル、200m個人メドレー 4位入賞

「共生社会」につなげる、東京2020オリンピック・パラリンピック支援

大会1000日前イベント開催
東京ガスでは、2017年10月28~29日東京・豊洲、11月17~18日同新宿において、東京2020オリンピック・パラリンピック1000日前イベントとして「ユニバーサルフェスタ」を開催しました。イベントでは、アスリートやユニバーサル社会・まちづくりを研究する専門家を招いたトークセッションをはじめ、障がい者スポーツや車いすの体験など、ユニバーサルへの理解を見て、聞いて、感じて、深めることができるさまざまな機会を設けました。両会場合わせ4日間で4,000名もの方々が来場されました。
また、同年2月以降数回にわたり、障がい者スポーツをテーマに小学生向けの体験型校外学習も実施しています。陸上競技施設新豊洲Brilliaランニングスタジアムを会場に、競技用義足や障がいの体験などを通して、障がい者スポーツに対する興味・関心を高めていただく機会となりました。
大会1000日前イベント
大会1000日前イベント


 
東京2020大会支援とその先の未来
当社は、2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)となりました。東京2020大会は、130年以上にわたり首都圏でエネルギー供給を担い生活を支えてきた当社が大会成功に貢献できる機会であり、私たちが目指す「共生社会」実現のきっかけになると考えています。具体的には「障がい者スポーツ支援」「豊かで快適な暮らし・街を支えるサービス提案などの事業展開」「社会全体の課題への地元企業としての取り組み」「エネルギーの安定供給・セキュリティ対応」「エネルギー面での先進的な取り組み」の5つの分野で活動に取り組み、大会成功への貢献に努めます。
さらに、大会終了後の2020年以降も、得られた知見を事業に活かし、活動を継続していく予定です。これにより高齢社会、グローバル社会に対応した、豊かで快適な暮らしやまちづくりが進み、「共生社会の実現」や「地域発展への貢献」につながるものと考えています。
2020年とその先を見据えた“東京ガスだから”できる活動
 
 
Voice東京2020オリンピック・パラリンピック推進部長インタビュー
「感動の先にある未来」を目指して

東京2020オリンピック・パラリンピック推進部 部長 八尾祐美子東京2020オリンピック・
パラリンピック推進部
部長 八尾祐美子

学生時代に留学した米国では、バリアフリーが進んでいない小さな町でも障がい者に対する人々のサポートは厚いものでした。日本では、東京2020大会を前に施設のバリアフリーなどハード面の整備は進んできていますが、障がい者に対する理解などソフト面の対応はまだ十分とはいえません。当社は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)として、大会成功への機運を高め、運営の支援を行っていきますが、インフラ面とともに多くの方々に心の支援が根付くことを目指したいと考えています。

パラリンピックや障がい者スポーツへの支援は、日本が成熟度の高い多様性社会となるための第一歩であり、東京2020大会は、日本が変わる最大の機会であるといえます。東京ガスでは、2020年とその先を見据え、「共生社会の実現」に向けた当社だからこそできる活動に全力で取り組んでいきます。


シンボルマーク
東京2020大会オフィシャルパートナーとしての活動を通して伝えたい6つの想いに「持続可能性」を加え、それらを7つの炎で表現しました。2020年までの東京ガスの東京2020オリンピック・パラリンピックに関する活動や共生社会実現に向けたあらゆる活動で使用されます。未来を明るく照らす炎のバトンをつないでいきます。
頑張る人に、いいエネルギーを。

黄:お客さまを大切にする

橙:身近な存在である

水色:多様性に配慮する

黄緑:社会貢献に積極的に取り組む

緑:持続可能性に配慮する

赤:挑戦していく

青:安心・信頼をお届けする

 
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

従業員のボランティア活動支援

当社グループは、従業員にボランティア活動の機会を提供し、地域社会とともに、社会課題の解決に取り組んでいます。

復興支援活動「震災ボランティア」

2011年6月から開始した震災ボランティア活動では、これまでに全43回 1,980名のグループ従業員とその家族が参加し、東日本大震災の被災地ニーズに即した支援を行っています。
2017年度は、宮城県東松島市にて「農業の復興支援」、福島県いわき市にて「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト(以下、コットンプロジェクト)への支援活動」を行いました。
このコットンプロジェクトは、震災後に急増した「遊休農地・耕作放棄地」を再生し、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されたコットンを製品化・販売する地域活性化の取り組みです。
2017年4月には東京ガスの新入社員280名も研修として福島県いわき市を訪れ、このコットンプロジェクトにて農地整備を行いました。
 
有機栽培されているコットン
有機栽培されているコットン
収穫されたコットン
収穫されたコットン
 

障がい者スポーツ運営ボランティア

障がい者スポーツ支援の一環として、2015年から各種競技大会の運営ボランティア(会場の設営・撤去作業、会場受付や通訳等)を実施しています。これまでに全9回、101名のグループ従業員が参加しています。
 
ボランティアによる撤去作業の様子
ボランティアによる撤去作業の様子
Topic
書き損じはがき、使用済み切手などの収集ボランティア活動
東京ガスグループは、2003年度より書き損じはがきの収集、2017年度より使用済み切手・カードの収集を行っています。
使用済み切手・カードは、港区社会福祉協議会を通じ地域の福祉活動やボランティア活動の推進に、また書き損じはがきは(公財)民際センターを通じ「ダルニー奨学金」として、ベトナム・タイ・ミャンマー・ラオス・カンボジアの教育に恵まれない子どもたちの進学を支援する国際教育里親型支援に役立てられています。現在、2016年秋に中学生となったラオスの女の子3人の教育支援をしています。

ダルニー奨学金証書

ダルニー奨学金証書
 

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ