Tokyogasgroup csr report

Contribution to the Environment エネルギー供給を通じた社会全体の低炭素化

生物多様性保全の推進

生物多様性の保全活動

生物多様性の保全と持続可能な利用の推進

東京ガスグループは、自然の恩恵の重要性を認識し、将来にわたり享受し続けるために、⽣物多様性保全の推進ガイドラインを策定しています。これを基に、事業活動における生物多様性への影響の把握や改善に努め、持続可能な利用を推進するとともに、地域社会と連携して生物多様性保全活動に取り組んでいます。

環境影響評価の実施

天然ガスの採掘、LNG(液化天然ガス)基地や発電所の建設は、少なからず地域の景観や⾃然環境に影響を与えます。東京ガスは、LNGを調達している海外のガス田において、⽣物多様性保全の状況などを確認し、地域の⽣態系へ配慮されていることを確認しています。国内においては、LNG基地や発電所建設時に必要な環境アセスメントを実施するほか、NPOと連携し、地域の⽣態系に配慮した緑地管理等を実施しています。
 
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

LNGバリューチェーンにおける取り組み

天然ガスの調達から、輸送、製造、供給にいたるLNGバリューチェーンごとに状況を把握し、⽣物多様性保全のための取り組みを推進しています。

調達

 
LNGの調達先における取り組み

東京ガスがLNGを調達しているガス⽥では、調達先企業により絶滅危惧種の保護や森林保護、植林、海洋⽣態系の保護など、⽣物多様性保全への取り組みが実施されています。
例えば、マレーシアのLNGプロジェクトでは、国立公園に1,500個の人工リーフボールを設置した結果、2010年を最後に国立公園の海岸で確認されていなかったウミガメが2015年から産卵のため戻ってきていることが確認されました。オーストラリアのLNGプロジェクトでは、オーストラリア海洋科学研究所と共同で、事業活動地域におけるサンゴ礁や海洋生物の状況を記録し、サンゴ礁の白化現象と再生に関する調査などを実施しています。

 

人工リーフボールの設置作業

人工リーフボールの設置作業
 
  • 出典: Petronas, “Bringing life to a barren ocean”

 

LNG輸送時の取り組み

LNG船のバラスト⽔(注1)に含まれる⽔⽣⽣物が、従来⽣息しない海洋領域にまでバラスト⽔と⼀緒に運ばれ、LNGを積み込む港で船外に排出されることで、⽣態系に与える影響が危惧されています。当社はこれまでもバラスト⽔を公海上で⼊れ替えるなどの対応を⾏ってきましたが、国際海事機関(IMO)が定める「船舶バラスト⽔規制管理条約」(2017年9⽉発効)にのっとり、⾃社所有管理船(建造中船舶を含む)について、順次バラスト⽔処理設備を搭載し、⽣態系への影響を低減しています。

 

LNG船

LNG船

従来日本には生息していなかったホンビノスガイ

従来日本には生息していなかったホンビノスガイ
 
  • (注1) 船の安定を目的に重しとしてLNGの荷揚げ港で積み込まれる海⽔。

製造

袖ケ浦、根岸、扇島、⽇⽴の各LNG基地では、草地に刈り残しを増やしたり、除草剤の使⽤量を減らすなどの⼯夫をして、敷地の緑化に取り組んでいます。
さらに、地域⾃然環境に配慮した緑地作りを目指し、NPO法⼈「樹⽊・環境ネットワーク協会」の協⼒を得て、⽣息⿃類、昆⾍、植⽣などの調査も⾏っています。その結果を参考に間伐やエコスタックを設置したところ、花の種類が増え昆⾍にも良い効果を及ぼしていることが分かりました。LNG基地内の⼈⼯池では、絶滅危惧種に指定されているメダカが⾃然繁殖している様⼦も確認できています。

 

NPO法人による生態系調査

NPO法人による生態系調査

人工池に生息するメダカ

人工池に生息するメダカ

供給

ガス導管の埋設工事に際しては、道路を掘削するため掘削土が発生し、その埋め戻しに⼭砂を利用しています。⼭砂の使⽤量削減は、環境破壊を抑制するとともに、⼯事現場まで運搬する⾞両等が排出するCO2削減につながります。東京ガスグループのガス管の埋設⼯事では、掘削幅を狭くし、埋設深さを従来よりも浅くする「⼩幅・浅層埋設」や、道路を開削せずにガス管を埋設する「非開削⼯法」などを採⽤して掘削土量の削減に努め、⽣態系への影響を低減しています。

 

ガス管を埋設するための⽴坑

ガス管を埋設するための⽴坑

新型仮埋め戻し材「ECOボール」

新型仮埋め戻し材「ECOボール」

掘削土のリサイクル

掘削土のリサイクル
 

事業所

事業所や企業PR館では、屋上緑化や緑のカーテン作りを実施しています。「がすてなーに ガスの科学館」では屋上を緑化し、地元の⼩学校をはじめとする地域社会やお客さまとのコミュニケーションの推進に有効活⽤しています。また、熊⾕ビルでは壁⾯や窓際に植物を⽣育させて⽇陰をつくり、室内の温度を低くする取り組みを⾏っています。

 

「がすてなーに ガスの科学館」の屋上

「がすてなーに ガスの科学館」の屋上

壁⾯や窓際に植物を⽣育させている東京ガス熊⾕ビル

壁⾯や窓際に植物を⽣育させている東京ガス熊⾕ビル

壁⾯や窓際に植物を⽣育させている東京ガス熊⾕ビル
株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

その他生物多様性保全の取り組み

2005年に開設した「長野・東京ガスの森」での森林保全活動や、2017年6月1日よりスタートした環境・社会貢献活動「森里海つなぐプロジェクト」、お客さまとともに行う「どんぐりプロジェクト」、「わたしの森プロジェクト」を通じて地球温暖化の防止、生物多様性保全活動を行っています。

「長野・東京ガスの森」での生物多様性保全活動

「⻑野・東京ガスの森」では、⽣物多様性保全を目的として、地元のNPO法⼈とともに2007年から継続してモニタリングを⾏っています。森林内ではこれまでに、植物351種(植物相調査2018)、哺乳類17・⿃類79(⽣物相モニタリング2018)、合計447種の⽣きものの⽣息を確認しました。 樹⽊の⼿⼊れ⽅法と動物・⿃類の個体数の増減に関するデータが蓄積されつつあり、今後の森林保全・⽣物多様性保全の計画づくりに役⽴てていきます。
 

野ウサギ

野ウサギ

ミソサザイ

ミソサザイ

森里海つなぐプロジェクトでの環境・社会貢献活動

 

その他の社会貢献活動における取り組み

 

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ