Csr title

Enhancement of Energy Security エネルギーセキュリティの向上

都市ガスの製造

東日本大震災後の天然ガスへの期待の高まりや、電力・ガス小売全面自由化といった国内のエネルギーをめぐる大きな情勢変化のなかで、東京ガスグループはエネルギーを安定的に供給することが重要な社会からの期待と捉え、都市ガスの製造を行っています。

都市ガスの安定製造と徹底した品質管理への取り組み

都市ガスの安定製造
都市ガス製造4基地では、万が一、停電などのトラブルが発生した際にもお客さまに安定的に都市ガスをお届けできるよう、相互のバックアップ体制を整えています。また、信頼性の高い受電系統を配して主要な設備を2系統化することで、都市ガスの安定製造を実現しています。
基地内の各設備についても信頼性の高い設備を採用しています。また、経年設備対策および耐震対策なども着実に行い、保安対策の充実による安定製造の深化を図っています。
 

熱量・燃焼性などの法定管理項目の遵守
お客さまに高品質の都市ガスをお届けするために、日々の操業においては、熱量や燃焼性など、法律で定められた1日1回の検査はもちろんのこと、さらなる品質向上のために自主的な常時監視を行うとともに、定期修理や日々の点検などを通じて設備を維持管理しています。
 

製造設備の戦略的な形成
将来の都市ガスの需要想定などを総合的に勘案し、長期的な視点で経済性も重視した製造設備の戦略的形成を行っており、「チャレンジ2020ビジョン」に掲げている天然ガス普及・拡大に向け、2016年3月には北関東を中心とした需要増加への対応として日立LNG基地の営業運転を開始しました。
日立LNG基地は、大型LNG船が着桟可能な大型桟橋や地上式として世界最大となる23万klのLNGタンク1基などを備えていますが、引き続き2020年度2号タンク建設に向けて取り組んでいきます。

日立LNG基地
日立LNG基地


技能伝承のための取り組み
当社グループでは、長年にわたる基地操業において得られた貴重なナレッジ(知識、技術、技能)を共有・活用し、一人ひとりの知見を深めていくことで、さらなる業績・能力の向上につなげていくナレッジマネジメントの取り組みを積極的に推進しています。そして今後の世代交代も見据え、組織的かつ効果的な人材育成を進めています。こうした取り組みにより、確実な技能伝承を実現していきます。

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス CSR室(広報G), 東京ガス CSR室(秘書部), 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ