Tokyogasgroup csr report

Enhancement of Energy Security エネルギーセキュリティの向上

電力事業の推進

東日本大震災後の天然ガスへの期待の高まりや、電力・ガス小売全面自由化といった国内のエネルギーをめぐる大きな情勢変化のなかで、東京ガスグループはエネルギーを社会へ安定的かつ低価格で供給することが重要な社会からの期待と捉え、電力事業を展開しています。

競争力ある電源の拡充

最適な電源ポートフォリオの構築

東京ガスでは、電力・ガスシステム改革などエネルギー環境の大きな変化や販売ストックの成長に合わせ、これまで以上に電力を安定的に供給することが重要と考えています。そのためには、電源の安定的な確保が必須であり、天然ガス火力発電を中心に、他燃料電源やアライアンス電源等を組み合わせた最適な電源ポートフォリオの構築を進めています。

電源の拡充

当社は、新電力の中で最大級の電源を保有しています。2020年には自社持分としての電源規模を現行の約160万kWから約300万kWに拡充し、安定供給のための体制を構築していきます。電力事業の基盤整備に向けて、天然ガスを利用した発電所の建設を推進していますが、建設にあたっては、(1)需要地に近接していること、(2)最新型の高効率コンバインドサイクル発電設備を利用し環境負荷を抑制すること、(3)当社のLNG基地周辺に立地しシナジーを活かした効率的かつ安定的な運営を実現すること、などにより安定的な供給を実現していきます。
2016年2月には、扇島パワーの3号機が営業運転を開始し、東京ガスグループの電源は、東京ガスベイパワー(約10万kW 当社100%出資)、東京ガス横須賀パワー(約24万kW 同75%)、川崎天然ガス発電(約84万kW 同49%)、扇島パワー(約122万kW 同75%)の体制となりました。さらに、(株)神戸製鋼所の子会社である(株)コベルコパワー真岡が、栃木県真岡市に建設を進めている「真岡発電所」が発電する電力の全量(約124万kW)供給を受けること(1号機2019年後半、2号機2020年前半を予定)を意思決定しています。また、2015年5月には、出光興産(株)、九州電力(株)と石炭火力発電所開発に向けた検討を進めるため、(株)千葉袖ケ浦エナジーを設立しました。

 東京ガスグループの電力供給体制(2018年6月現在)
東京ガスグループの電力供給体制(2018年6月現在)

安定した発電

当社グループの火力発電所は、当社のLNG基地で製造した天然ガスを燃料としています。また、発電所では運転・監視業務を実施し、日常点検や定期検査を行いながら安定供給を継続しています。今後も、ガス事業で培ったノウハウを活かし、保安の確保、安定供給および環境対策に最善を尽くしながら、より安価な電力供給を実現することで、総合エネルギー事業者として社会の要請や期待に応えていきます。
 

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ