Csr title

Special Topic 特集

エネルギー大競争時代の二年目を迎えて


エネルギー大競争時代の二年目を迎えて

2016年4月の電力分野に続き、2017年4月には都市ガス分野においても小売全面自由化がスタートし、エネルギー大競争時代の二年目を迎えました。東京ガスグループでは、ガス・電気・リキッドガスにサービスを加えた総合エネルギー提案によって、お客さまにお届けする付加価値を拡大し、当社グループを選んでいただける取り組みを一層強化していきます。
ガス小売全面自由化においては、「ガスの安定供給と普及拡大」「ガス料金の低減とCS(お客さま満足)の向上」「お客さま選択肢の拡大とお客さま保安の向上」といったガスシステム改革の意義・目的を達成するための準備を進めてきました。当社グループはこれまでも都市ガス供給事業を行ってきましたが、「新生ガス導管事業者」として中立性・公平性・透明性を確保し、ガス小売事業者と連携して、お客さまに安心してガスをお使いいただけるよう「安全確保」「安定供給」「普及拡大」に努めていきます。また、電力小売事業においては、新たなサービス・料金メニューをご提案するとともに、東京ガスに切り替えていただいたお客さまに”東京ガスに任せて良かった”と思っていただけるよう、「満足度NO.1の真の電力会社 = 真電力NO.1」をめざしていきます。
引き続き、ガスと電気、付加価値サービスをワンストップでお届けすることで、お客さまに選ばれ続ける総合エネルギー企業グループへ進化し、豊かな社会の実現に貢献していきます。

東京ガスグループの事業活動

1  安価なエネルギーを安定的にお届けするための原料調達の取り組み

これまで本部が別々となっていた原料・生産部門について、「原料・生産本部」を設立することで原料調達とLNG基地・発電所の連携を強化し、一層の安定的なエネルギー供給と競争力のある原料価格の両立を目指していきます。
原料調達においては、「調達先の多様化」「契約内容の多様化」「LNGネットワークの多様化」を進めています。2017年度は、下期に当社初となる米国産LNGとしてコーブポイントプロジェクトから、また、オーストラリアのイクシスプロジェクトからの調達を開始する予定となっており、「調達先・契約内容の多様化」を図っています。また、2016年4月に関西電力と、2017年4月には九州電力とLNG調達における連携の検討に合意し、2016年11月には英セントリカLNG社と相互協力に関する協定を結び、輸送コストの最適化を目指したスワップ等、新たなLNGトレーディングに取り組んでいますが、引き続き、国内外のLNGプレーヤーとの更なる連携を模索し、「LNGネットワークの多様化」を図っていきます。
今後もお客さまに安価なガス・電気をお届けするため、エネルギー市場を取り巻く情勢・動向を見据え、中長期的な調達の視点でこれらの取り組みを進めていきます。

原料調達とLNG基地・発電所の連携

2  中立性・公平性・透明性を確保した「新生ガス導管事業者」としての取り組み

ガスの小売全面自由化に対応して、「託送供給関連業務の適正な遂行に関する規則」を定め、託送供給サービスのご利用にあたって契約のお申し込み・問い合わせの受付を行う「託送受付センター」を開設しました。当センターは、執務室の物理的隔絶を施したうえで、託送供給に関連する情報を厳重に管理しており、託送関連情報の目的外利用の防止と、導管ネットワーク利用の中立性・公平性ならびに透明性を確保しています。
また、自由化後も安心してガスをお使いいただくために、災害時における保安確保に向け、小売事業者との災害時訓練を実施する等、各小売事業者との連携に取り組んでいきます。さらに従来の計画を前倒しし、2017年度秋頃の完成に向け工事を進めている古河~真岡幹線の建設等、ガス導管網増強に取り組んでいます。
これらの取り組みにより、お客さまに安心してガスをお使いいただけるよう「安全確保」「安定供給」「普及拡大」に努めていきます。

3  安価な電気を安定的にお届けするための電力調達の取り組み

2017年度、「電力事業者」として新たなステージに進むべく、「電力本部」を新設しました。これまで以上に電源開発を進めるとともに、電力取引や需給運用の機能をさらに強化していきます。
具体的な取り組みとして、国内初の本格的な内陸型火力発電所となる「コベルコパワー真岡」の建設を進めるとともに、電源規模の拡大に向けて新たな発電所建設等の検討を進めていきます。また、再生可能電源の拡大に向け、太陽光、風力、バイオマス等の再生可能エネルギー電源全般について、様々な事業スキームを活用し、事業を推進しており、2017年8月には太陽光発電事業の開発を行うための新会社であるプロミネットパワー(株)を設立し、着実な電源規模の拡大に努めております。
さらに、新設の電力トレーディング部によりリスク管理体制を確立し、リスク管理技術の向上を図り、調達・販売双方のリスクをコントロールしながら競争力を高め、短期・中期の調達・販売ポートフォリオの最適化を目指していきます。
これらの取り組みにより、調達と販売の最適化を図り、安価で安定的な電力調達、販売拡大を実現していきます。

4  お客さまの豊かな暮らしやビジネスを支えるための新たな価値・サービス拡充の取り組み

ガス・電気といったエネルギー販売に加え、お客さまの暮らしを豊かにする新たな価値・サービスの拡充を進めていきます。
2017年4月に、暮らしサービス事業分野の「総合設備領域」において当社グループに分散している機能を集約し、子会社3社を傘下に置く「東京ガスリビングホールディングス(株)」を設立しました。また、ご家庭のお客さま向けに、新たな料金メニューやサービスをご用意し、ガス・電気・サービスを総合的にお選びいただけるよう、これまで以上に、当社グループが一丸となってお客さまの暮らしを豊かにするご提案を実施していきます。

「お得」「安心」「簡単・便利」な『ずっともプラン』

「お得」「安心」「簡単・便利」な『ずっともプラン』

グループ一体となった暮らしサービスの提供

グループ一体となった暮らしサービスの提供

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス CSR室(広報G), 東京ガス CSR室(秘書部), 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ