Tokyogasgroup csr report

Tokyo Gas Group’s CSR at a Glance

東京ガスのCSRハイライト


(注)2019年3月末現在の実績です。


安定供給・保安

導管総延長地球1.5周分、お客さま件数1,100万件以上、重大供給支障事故0件


ガス導管事業者として、約6万km、地球1.5周分のガス管で、
約1,100万件のお客さまに安定的にクリーンな都市ガスをお届けしています。
また、約6万kmの供給網を持ちながら、2018年度の重大供給支障事故は0件でした。




大きな揺れを感知してからガスを遠隔遮断するまで10分

エリア内約4,000基の地震計が大きな地震を検知すると、ガス供給を自動的に遮断。さらに集めた地震情報から被害が大きい地区を推定し、地震発生後10分で遠隔遮断が可能です。


大阪北部地震における復旧応援1,200名

大地震などの災害時、全国の都市ガス事業者は早期復旧のため相互応援体制をつくっています。2018年の大阪北部地震では、東京ガスグループは1,200名を派遣。6日後には全戸にガス供給が可能になりました。







環境保全

エネファーム累計販売台数110,000台

省CO2に貢献し、停電時の発電機能も備える家庭用燃料電池エネファーム。2018年12月、販売事業者として初めて、累計販売台数11万台に達しました。


ガスコージェネレーションシステムの総合効率82%

ガスコージェネレーションシステムの高効率化に取り組み、工場のお客様向けに総合効率82.5%の機器を製品化しました。

地域冷暖房44地域

地域単位で熱供給(冷暖房)を行うことで省エネ・省CO2に貢献。2019年3月現在、44地域で運営中です。



お客さま先の都市ガス消費段階におけるCO2排出量削減452万t


分散型発電システムの拡大、スマートエネルギーネットワークの構築等に取り組み、
2018年度は2011年度比で452万tのCO2排出量を削減しました。



使用済ガス管のリサイクル100%


使用済ガス管のリサイクルシステムを確立し、
1999年より毎年100%の再資源化を実現しています。







人材・組織

社員数7,492名(男性6,334名85%、女性1,158名15%)、男女の平均勤続年数(男性19.5年、女性18.5年)、育児休職からの復職率100%、女性管理職比率8.0%


ダイバーシティ推進に向けた職場環境づくりや女性のキャリア開発支援に取り組み、
平均勤続年数は男女でほぼ変わらず、育児休職者の100%が復帰しています。
2020年10%を目指している女性管理職比率は着実に増加しています。






社会貢献

復興支援ボランティア参加人数2,100名(累計)

東日本大震災の被災地支援ボランティアをこれまで47回実施し、2,100名の従業員とその家族が参加しました。

出張授業の受講人数約110万人(累計)

子どもたちにエネルギーと環境の大切さを伝えることで、学校教育が目指す「生きる力」を育む支援を2002年から実施。累計1,125,872名の生徒が参加しています。







コーポレート・ガバナンス

社外取締役人数4/9人

原則毎月1 回開催される取締役会は、社外取締役4名(うち女性2名)を含む9名で構成。経営責任の明確化のため、取締役の任期は1年としています。

社外監査役人数3/5人

監査役会は社外監査役3名(うち女性1名)を含む5名で構成。良質な企業統治の強化に向け取締役の職務執行を監査しています。









上記についてご意見・ご感想をどうぞ!