Tokyogasgroup csr report

社員への配慮 社員への配慮

労働安全衛生

東京ガスグループでは、働く人の命と健康を守る安全衛生を企業の社会的責務、企業存立の基盤と考えています。安全衛生の確保を最優先し、安全衛生関係法令の遵守を徹底するとともに、労働災害の撲滅に向けてリスクの低減を図り「安全衛生のエクセレントカンパニー」を目指しています。

労働災害の防止

各職場が実践する日常的な労働安全衛生活動を強化するため、全社で労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を活用した安全衛生管理を行っています。安全衛生活動は各職場で実態に即して自律的に展開され、全てPDCAサイクルに基づいて進めることで安全衛生水準を継続的に向上させています。また、リスクアセスメントの実施により、潜在的な災害リスクを定量的に捉え、これらの除去・低減に努めています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス サステナビリティ推進部, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

健康経営の推進

安全健康配慮の取り組みとして、健康診断100%受診を徹底する他、健診結果に基づく産業保健スタッフとの面談、長時間労働者への面接指導、心身の健康に関する相談窓口設置等を行っています。
また社会課題となっているメンタルヘルス対策については、法令により義務化されたストレスチェックの他、管理者研修会によるラインケアの支援、個別支援等多方面から取り組んでいます。その他、海外事業の展開により増加している海外駐在員・海外出張者への健康管理支援や、健康維持増進に向けた運動習慣化の促進、全社喫煙率の低減等の取り組みも推進しています。
こうした取り組みが社外からも評価され、東京ガスは「健康経営銘柄2020」に選定されています。

産業保健スタッフと社員の面談

産業保健スタッフと社員の面談

健康経営銘柄2020

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス サステナビリティ推進部, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ