Tokyogasgroup csr report

CSR at the Tokyo Gas Group 東京ガスグループのCSR

CSR経営の全体像

CSR基本方針

東京ガスグループは、日々の事業活動を通じて経営理念・企業行動理念を実現し、公益的使命と社会的責任を果たすことをCSRの基本とする。
そして、国内外において、社会からの期待・要請を常に捉えながら、事業活動を通じて社会課題の解決に着実に取り組むことで、社会の持続的発展に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会からの信頼を永続的に得て発展し続ける東京ガスグループをめざす。

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ

CSRの推進と経営理念・企業行動理念の実現

東京ガスグループは、CSRの推進を経営理念・企業行動理念の実現そのものと考え、エネルギー事業者として公益的使命と社会的責任を果たし、日々の事業活動を通じて社会に貢献するという方針を掲げています。
当社グループでは、変化する社会の期待や要請を常に捉えるとともに、事業の方向性と合わせて、CSRの重点活動と具体的課題(以下、マテリアリティ)を特定し、CSR指標を定め、事業活動を通じた取り組みを行っています。目標の達成状況については情報開示を行い、広くステークホルダーからの意見を収集し事業活動に反映させることでCSRマネジメントのPDCAサイクルを回し、社会の持続的発展に貢献していきます。
 
CSRの推進と経営理念・企業行動理念の実現

経営理念

東京ガスグループは、天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていく。

 

企業行動理念
  1. 公益的使命と社会的責任を自覚しながら、企業価値を増大させていく。
  2. 常にお客さま満足の向上をめざし、価値の高い商品・サービスを提供する。
  3. 法令およびその精神を遵守し、高い倫理観をもって、公正かつ透明な企業活動を行う。
  4. 環境経営トップランナーとして、地球環境問題の改善に貢献する。
  5. 良き企業市民として奉仕の精神を深く認識し、豊かな社会の実現に貢献する。
  6. 絶えざる革新により、低コスト構造で、しなやか、かつ強靭な企業体質を実現する。
  7. 一人ひとりの「能力・意欲・創意」の発揮と尊重により、「活力溢れる組織」を実現する。

 

<関連リンク>
▶ 東京ガスの「経営理念」「企業行動理念」「私たちの行動基準」
 

「チャレンジ2020ビジョン」でめざすLNGバリューチェーンの高度化
「チャレンジ2020ビジョン」でめざすLNGバリューチェーンの高度化



▶ エネルギーと未来のために東京ガスグループがめざすこと。チャレンジ2020ビジョン (PDF:3,156KB)pdf
▶ 「チャレンジ2020ビジョン」実現に向けた2015〜2017年度の主要施策(PDF:688KB)pdf


国連グローバル・コンパクトへの署名
東京ガスグループでは、「チャレンジ2020ビジョン」の実現に向けて、さらに国際社会の良き一員として、グローバルな視点でCSRを推進すべく、2016年3月に国連グローバル・コンパクト(注)の支持を表明し、より高いレベルでのCSR経営をめざしています。

(注)国連グローバル・コンパクト
1999年の世界経済フォーラムでコフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱し、2000年にニューヨークの国連本部で正式に発足。「健全なグローバル化」「持続可能な社会」を実現させようとする国際的な取り組みであり、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野10原則を遵守・実践し、企業戦略や活動を展開していくことが求められる。
国連グローバル・コンパクト


持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み
2015年9月にニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダでは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および17の目標と169のターゲット「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げており、企業も主体的に取り組むべきとされています。
東京ガスグループではこれまでも、国内外において、社会からの期待・要請を常に捉えながら、事業活動を通じて社会課題の解決に着実に取り組むことを「CSR基本方針」に定め、CSR活動を推進してきました。そしてSDGsの採択をふまえ、グローバルな社会課題と事業活動との関わりについて再整理を行っています。
SDGsへの取り組みの第一歩として、グループ従業員一人ひとりがSDGsを理解するため、イントラネットを利用したクイズや、社外有識者を招き、社会課題と事業との貢献についてゲーム形式で学ぶセミナーを実施しました。引き続き、グループ従業員への浸透を図るとともに、今後も東京ガスグループでは、事業活動を通じて、社会課題の解決に向けて貢献していきます。

 
続可能な開発目標(SDGs)への取り組み
重点活動 マテリアリティ 関連するSDGs
エネルギーセキュリティの向上 安定的な供給 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに9 産業と技術革新の基盤をつくろう
安全の追求 9 産業と技術革新の基盤をつくろう11 住み続けられるまちづくりを
より良い商品やサービスの提供 12 つくる責任つかう責任
環境への貢献 温暖化対策 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を15 陸の豊かさも守ろう
資源循環の推進 8 働きがいも経済成長も12 つくる責任つかう責任
生物多様性保全の推進 6 安全な水とトイレを世界中に14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう
環境関連技術開発の推進 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに9 産業と技術革新の基盤をつくろう11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を
地域社会への貢献 安心・安全な暮らし・まちづくり 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに9 産業と技術革新の基盤をつくろう11 住み続けられるまちづくりを
環境に良い暮らし・社会づくり 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を15 陸の豊かさも守ろう
豊かな生活文化づくり 4 質の高い教育をみんなに10 人や国の不平等をなくそう12 つくる責任つかう責任
人権の尊重 人権デューディリジェンス 4 質の高い教育をみんなに5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう16 平和と公正をすべての人に
コンプライアンスの推進 コンプライアンスの浸透・徹底 4 質の高い教育をみんなに5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう16 平和と公正をすべての人に
贈収賄の防止 16 平和と公正をすべての人に
個人情報保護
人を基軸とした経営基盤の強化 ダイバーシティの推進 5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう
人材育成 4 質の高い教育をみんなに8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう
労働安全衛生 8 働きがいも経済成長も
共通 サプライチェーン・マネジメント 5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も12 つくる責任つかう責任


CSRマネジメントのPDCAサイクル
CSRマネジメントのPDCAサイクル

<関連リンク>
▶ 東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

株式会社ディ・エフ・エフ, 東京ガス CSR室, 東京ガス 総務部, 東京ガス 総合企画部, 東京ガス 資源・海外本部, 東京ガス エネルギー生産本部, 東京ガス 電力事業計画部, 東京ガス 導管NW本部, 東京ガス IT本部, 東京ガス リビング本部, 東京ガス 基盤技術部, 東京ガス エネソル本部, 東京ガス 環境部, 東京ガス 資材部, 東京ガス 人事部(安全健康福利室), 東京ガス 人事部, 東京ガス 監査部, 東京ガス 監査役室, 東京ガス コンプライアンス部, 東京ガス 地域本部, 東京ガス 財務部, TGES, 東京ガスコミュニケーションズ